コラム

COLUMN

社員教育にeラーニングを導入するメリットとデメリット、効果を高めるには

人事・労務

近年、企業の社員教育において従業員に効率的な学びを提供できるという理由からeラーニングが注目されています。
本記事では、企業のeラーニング導入が増えている背景や、メリット・デメリット、eラーニングによる学習効果を高めるために企業にできることを紹介します。


そもそもeラーニングとは?

eラーニングとは、インターネットを通した学習形態のことです。誰もが時間や場所に囚われずに学習できるのが大きな特徴です。
入社前教育から新人~リーダー層の社員教育を中心に、資格取得や自己研鑽まで幅広いシーンと目的で活用されています。


企業にeラーニングが広がった背景

企業が市場に対して高い価値を提供し続けていくうえで、従業員の質という点が重要になります。従業員に対して一定の知識やスキルを身につけていくことは、企業課題の1つです。そのため従来の社員教育は、集合研修やOJT(実務の中で教育をおこなう教育方法)が一般的でした。

しかし、現在は一人ひとりに求められる知識やスキルが多様化しており、人材確保が難しくなり人手不足の傾向が高まったことで、研修を準備する側や受ける側の時間確保も難しくなっています。従業員の働き方も多様化している昨今、同じ時間に1つの場所に集まるための調整も容易ではありません。

また、広い地域に複数の拠点を持つ企業の場合、各拠点で集合研修を実施すると、講師の能力や伝え方の違いによって、従業員のスキル習得に差が生じることも考えられます。
全社一斉に実施しようとすれば、個々の移動や宿泊にかかる経費、スケジュール調整などの負担は大きく、十分な研修回数を確保することが難しい企業も出てくるはずです。
これらの問題や懸念を解決しながら、充実した社員教育を実現できるのがeラーニングです。

その他にはスマートフォンの普及やネットワーク環境の充実、テレワークの導入拡大などで働く場所を職場に限らない動きが活発化していることもeラーニングが広まった背景として挙げられます。


eラーニングのメリットとデメリットとは?


社員教育にeラーニングを導入することによって発生するメリットと、デメリットを見ていきましょう。

eラーニングのメリット
【一律学習によりスキルを統一化できる】
eラーニングは何らかの理由で集合研修に参加できなかった従業員、拠点が違う従業員や入社時期の異なる従業員にも同じ学習内容を提供できます。すべての社員が必要なポイントを一律に押さえながらスキルアップできるのです。

【分析評価が可能】
eラーニングはインターネット上での学習となるため、個々の学習履歴をはじめ、進捗度や理解度までデータとして蓄積できる機能が備わっていることが多いです。これにより、各従業員の学習分析評価が可能になります。。

【個々の従業員のペースで学習を進められる】
eラーニングはインターネット環境があれば学習の時間を問いません。パソコン、スマートフォンやタブレットなどマルチデバイスに対応しているものが多いため、学習できる場所の選択肢も広がります。学習する際は自分の理解度に合わせて、途中で一時停止や繰り返し学習がおこなえるため、それぞれのペースで復習して理解を深めることも可能です。


eラーニングのデメリット

【導入にコストがかかる】
eラーニングは有料の学習コンテンツのため、導入にはコストがかかります。教材としての学習コンテンツを独自につくりたい場合は、内製するか外部業者に制作を依頼します。また、すでに学習コンテンツを制作・提供しているサービス業者と提携し、利用していくという方法もあります。

【学習管理システム(LMS)の導入が必要】
eラーニングには従業員が学習する際に使用する、プラットフォームとなる学習管理システム(LMS)が必要です。このシステムがあると、学習履歴や進捗管理、評価分析やフィードバックの他、従業員による学習項目の選択、管理者による学習項目の指定も可能になります。学習者同士の意見や情報交換の場として使えるものも増えています。
しかし学習管理システムの導入には、独自にシステムを開発すると投資コストと見合わないリスクや、既存の外部システムを使用する場合にはランニングコストが必要になります。

【直接のコミュニケーション機会が減る】
学習機会を増やせるeラーニングですが、集合研修が少なくなるほど従業員が実際に顔を合わせるコミュニケーションの機会も減るといえます。集合研修にしかないメリットもあるため、社内教育のすべてをeラーニングにシフトするのではなく、上手く2つを織り交ぜて実施することも良いかもしれません。


eラーニングの効果を高めるために企業ができること


eラーニングを導入する際に、eラーニングの学習効果を高めるために企業ができることについて紹介します。

従業員にとって魅力的なコンテンツ

従業員のニーズを捉え、従業員にとって魅力的な内容のコンテンツを提供しましょう。1つのコンテンツが長すぎると学習意欲を削いでしまうことがあるため、隙間時間でも取り組みやすい長さ(数十秒~5分程度)に収めることもポイントです。
また、文章より、音声や映像のある動画のほうが従業員の負担は低くなります。動画であれば、短い学習時間で、より多くの情報を伝えることが可能で、より簡単に理解を深められるため積極的な活用をおすすめします。

モチベーションが維持できる仕組みづくり

学習の内容はもちろん大切ですが、学習システムの見た目や使いやすさもモチベーションを左右する要素です。また、わかりやすく可視化された学習履歴や進捗を従業員も確認できるシステムを準備しておくと、継続的な取り組みを促しやすくなります。eラーニングを導入する際には、カスタマイズ性の高いシステムを選択されることをおすすめします。
モチベーション管理としては人事評価制度をeラーニングと連動させる方法などもあります。企業が従業員の学びをサポートしていくことで高い効果を生み出すことが可能になります。


おわりに

eラーニングは、現代のビジネスや雇用環境にも合わせやすい、効率的な社員教育手段の1つです。従業員は、時間や場所を問わず、個々の生活や業務状況、理解度に合わせて学習できます。コミュニケーション不足を避けるためにもOFF-JT(セミナー等を活用する教育方法)などのface to faceでのコミュニケーションを伴う施策と組み合わせた実施をおすすめします。

従業員にとって魅力的な内容と仕組みを構築し、動画などの好まれる要素を取り入れながら、継続的なスキルアップをサポートしていきましょう。