人望を集める上司になるためのアンコンシャス・バイアスマネジメント①役割編

PROGRAM

アンコンシャス・バイアスとは、自分自身が気づいていないものの見方や捉え方のゆがみ・偏りのこと。過去の経験や習慣、周囲の環境等から身につきます。自身で気づき難く周囲に迷惑をかける…そんなやっかいなモノです。今研修では、特にリーダーや管理職という役割を背景にして発生しやすい「心の錯覚」についての予防策を学びます。

  • プログラムの対象者

    こんな悩みありませんか?

    • そもそも、リーダーや管理職が果たすべき役割がイメージできない
    • リーダーや管理職が果たすべき役割は認識できているものの、セルフイメージとギャップがある
    • 時代と共に変化するリーダー・管理職の役割イメージを明確にしたい
    • 部下など周囲のメンバーから人望を集めるリーダー・管理職になりたいという希望を持っている
  • プログラムの内容

    リーダー・管理職という役割編

    • アンコンシャス・バイアスについて学んでいただきます。4回コースですが、1回の受講も可能です。今研修では、特にリーダーや管理職という役割を背景にして発生しやすい「心の錯覚」についての予防策を学びます。
  • 研修講師

    松本 治

    • 株式会社マイナビにおいて、19年間在職中に約3,000人の人材採用教育コンサルティングと、約5万名の求職者へのサポートを行う。2009年独立、元、大阪工業大学工学部生命工学科客員教授。

研修プログラム

01
なぜ、組織に管理職やリーダーが存在するのか?
  • 存在しない組織と存在する組織、その違いと狙い
02
チームを引っ張るって、どういうこと?
  • なぜ「権力」のイメージが付きまとうのか?
  • チームとグループの違い
03
リーダーだけが頑張る組織の限界
  • 成果が出るチームになるには?
  • チームビルディングの基本とリーダーが果たすべき役割